大工関連の情報を収集してます


by fz1e410zm7

ニコライ・ダビデンコ

ニコライ・ダビデンコ(Nikolay Davydenko, ラテン翻字: Nikolay Vladimirovich Davydenko, ロシア語: Николай Владимирович Давыденко, 1981年6月2日 - )は、ロシアの男子プロテニス選手。赤土のクレーコートを最も得意としている。シングルス自己最高ランキングは3位。これまでにATPツアーでシングルス20勝、ダブルス1勝を挙げている。身長177cm、体重70kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。体格的にそれほど恵まれているわけでもなく、プレースタイルにも派手さはないが、的確で安定感のあるストロークと紳士的なマナーには定評がある。ダビデンコはウクライナのセベロドネツクに生まれ、7歳から兄と一緒にテニスを始めた。15歳の時に家族でドイツへ引っ越し、18歳の時にロシア国籍を取得した。彼の両親はロシアに在住している。1999年にプロ入り。2001年の全豪オープンで4大大会にデビューし、2回戦でパトリック・ラフターに挑戦した。2003年から世界的な躍進を始め、年頭のネクストジェネレーション・アデレード国際でツアー初優勝を果たす。この年から、ダビデンコは男子テニス国別対抗戦・デビスカップのロシア代表選手になる。4月にポルトガル・エストリルの大会でも優勝し、この年に初めて世界ランキングトップ50位以内に入った。2004年も年間2勝を挙げ、同年のアテネ五輪にもロシア代表として出場したが、シングルス1回戦でスイスのロジャー・フェデラーに敗れた。2005年にニコライ・ダビデンコは世界のトップ選手へと躍進し、全豪オープンで初めて準々決勝に進出した(アンディ・ロディックに敗退)。そして全仏オープンで、ダビデンコは準決勝に駒を進めたが、アルゼンチンのマリアノ・プエルタに 3-6, 7-5, 6-2, 4-6, 4-6 のフルセットで敗れ、決勝進出を逃した。同年末に、世界ランキング8位以内の選手しか出場できない男子テニス年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初めて出場資格を獲得し、アルゼンチンのダビド・ナルバンディアンとの準決勝まで勝ち進んだ。これでダビデンコは名実ともに、ロシア男子テニス界の第一人者となった。2006年は全米オープンで自身2度目のベスト4入りを果たしたが、準決勝で第1シードのロ

<屋久島>縄文杉登山道、中旬までに迂回路(毎日新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(1)“アトム”が救う近未来(産経新聞)
<火災>木造住宅全焼、男女2人が死亡 東京・練馬(毎日新聞)
仙台、福井の被害品 香港で押収 国内20〜30件 爆窃団関与?(産経新聞)
<漁船銃撃>被弾の2隻、銃痕を隠す 事実を隠蔽か(毎日新聞)
[PR]
by fz1e410zm7 | 2010-03-02 11:12