大工関連の情報を収集してます


by fz1e410zm7

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 国土交通省は22日、老朽化したマンションの改修・建て替えや、住民の高齢化に伴う管理組合役員の担い手不足などの課題に対処するため、適切なマンション管理の支援策に取り組む方針を決めた。修繕積立金のマニュアル作成や、管理ルールの見直しなどを検討し、施策化できるものは来年度予算概算要求に反映させる意向だ。
 国交省の推計によると、築50年を超える分譲マンション数は、現在の約1万戸から10年後には約13万戸、20年後には約94万戸に急増する見通し。
 その一方、居住者の高齢化などで管理組合役員の担い手が不足し、将来の改修に向けた住民同士の意見調整といった、適切な管理運営が難しくなっていると指摘されている。このため、同省はマンション管理の支援策を拡充し、今後の「改修・建て替えラッシュ」に備えることにした。 

【関連ニュース】
普天間合意、具体的な内容必要=「鳩山首相の決断待つ」
新橋演舞場に櫓=歌舞伎公演の新拠点
南西諸島に自衛隊配備=北沢防衛相が検討表明、対中国で
歌舞伎座で閉場式=60年の歴史に幕
華やかに有終の美=「さよなら公演」が千秋楽

哨戒艦事件で危機管理対応指示=原口総務相(時事通信)
放送法修正案 与党、衆院委で採決強行し可決(毎日新聞)
体重7カ月で30グラムしか増えず 大阪・城東の女児虐待(産経新聞)
堀内氏、石井氏と共闘!秋田でセミナーに参加(スポーツ報知)
水とカニ殻から生体材料=有機溶媒使わず安全―金沢工大など(時事通信)
[PR]
by fz1e410zm7 | 2010-05-28 15:47
 文部科学省は14日、遺伝子組み換え実験用のマウスを逃がしたとして、北海道大学(札幌市)を厳重注意した。すでにマウスは捕まっており、被害は報告されていないという。

 また、同省はこの日、実験で使った洗浄液を化学処理せず廃棄したとして、製薬会社「エーザイ」(本社・東京)も厳重注意した。

 同省などによると同大大学院生が今年1月8日、動物実験室で、遺伝子組み換えマウスを使った実験を行ったところ、マウス32匹中1匹が容器から逃げ出した。同大関係者らが翌日、逃げたマウスを発見し、捕まえた。容器のふたがきちんと閉められていなかったことが逃亡の原因だという。

 エーザイは平成14年から同社研究員が実験機器を使って、遺伝子組み換えウイルスが含まれている可能性のある液体を使った研究を実施。同機器を洗うための洗浄液を化学処理せず廃棄した。その後、同社が廃棄した洗浄液を調べた結果、ウイルスは検出されなかったという。

【関連記事】
遺伝子組み換え米、中国市場に流通? グリーンピース調査で発覚
害虫ウンカに吸われると…イネの抵抗力アップ
青いバラ 文化の薫り高く夢を実現
米国トウモロコシ、遺伝子組み換え8割超
サル遺伝子組み換え 慶応大など成功 難病解明に光
少子化を止めろ!

小沢氏、批判かわす狙い 政倫審“みそぎの場”(産経新聞)
「合理的理由ない」論文不正疑惑の元東北大助教の解雇無効(産経新聞)
<転落>東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)
煙出ない「新型たばこ」 売れ行き出だし好調(J-CASTニュース)
小沢氏、聴取応じる意向 「陸山会」政治資金規正法違反、元秘書3人も(産経新聞)
[PR]
by fz1e410zm7 | 2010-05-20 02:11
 岩手県警宮古署は、県立病院の採用で医師免許がないのに医師に成り済ましたとして、医師法違反の疑いで自称大阪市天王寺区上本町、無職、一宮輝美容疑者(44)を現行犯逮捕した。

 岩手県宮古市では医師不足が深刻化している。県によると、一宮容疑者は3度の面談を経て10日に宮古市の県立宮古病院に着任予定だった。平成20年11月、病院側に「テレビの報道番組で宮古市が医師不足と知った。地域医療に興味がある」などと応募の理由を説明したという。

 逮捕容疑は8日午後6時半ごろ、宮古市内で同病院職員に対し循環器科の医師を装ったとしている。容疑を認めているという。事前に提出した医師免許証の写しに厚生労働大臣の印がないなど不審な点があることに病院職員が気付き、県警に相談して発覚した。

恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑−大阪府警(時事通信)
春の叙勲 皇居で大綬章授与式(毎日新聞)
和解協議に応じるかは「決定していない」−B型肝炎訴訟で厚労相(医療介護CBニュース)
高齢者の自転車事故が増加 「交通ルール」への意識不足?(産経新聞)
[PR]
by fz1e410zm7 | 2010-05-12 18:06